2017年「北海道マラソン」

2017.08.28 Monday

0

    ハイチエイジェント代表の鷹野 公弘です。

     

    8月の最終週と言えば、「北海道マラソン」。

     

    今年は、三代目 J Soul Brothersの札幌ドームコンサートと日程がかぶったため、札幌圏以外から宿泊を伴うランナーはホテルが取れず苦労したそうです。

     

    実際、ホテルの確保が難しかった影響もあり、今年の北海道マラソンはエントリー開始から締め切りまで数日とここ数年ほぼ1日でエントリーが終了していたことを考えると、かなり大変だったのでしょう。

    事実、道外から参加している私の友人もホテルの確保が厳しかったため、今年はエントリーしませんでした。

     

    そんな北海道マラソン。

    15000人を超えるランナーが参加するため、受付は当日ではなく事前に2日間設けられております。

    私も、ゼッケンとランナーズチップ、参加Tシャツを受け取るため、金曜の夜に受付に行きましたが、平日にもかかわらず大勢の人で賑わっておりました。

     

     

    そして迎えた「北海道マラソン」当日。

    天候は晴れ、スタート時の気温は24℃とこの時期の北海道としては平均的な気温に。

    ただ、走る立場としてはもう少し気温が低く、天候も直射日光のない曇りか雨の方が記録がでるんだよな…。

     

    今年は5月の洞爺湖、6月の千歳(自己ベスト)とタイムが出ていたので、自己ベストもあるかもと思いスタート。

    最初の5キロを4分45秒前後と予想通りのペースで通過。10キロ、15キロとこのペースを維持しハーフを1時間36分55秒とまずまずのペースで通過しましたが、ここから後半追い込めなかった…。

     

    暑さと前半の新川通の向かい風もあって、追い込めなかった。

    …というか、追い込まなかった。

     

    そのまま3時間18分11秒(ネットタイム)でゴール。

     

    昨年と同じような気温、天候だったのに昨年より3分遅いなんて、なんとなく楽な選択を選んだ自分に負けた気がします。

    ただ、総合順位は昨年より上がり905位でした(笑)

     

    ちなみに、今年は一緒にエントリーした友人6名のうち2名はリタイア。

    4名は完走。

    2名は初マラソンでしたが、うち1名は4時間6分とサブ4までもう少しとすばらしい記録でした。

    この友人、初マラソンでサブ4が見えたこともあり、来年に向けてすでに戦闘モード(笑)。

    なんとも、頼もしい。

     

    私は、最近3時間10分の壁を感じており、ここらかの数分を超えるためには何かを犠牲にしなければクリアできないのではないかなどと考えてみたり。

    でも、多くの友人、マラソンで知り合った方々と走ることが楽しいのでこれからも走り続けようと再確認し、頑張っていこうと思います。

     

    関連する記事