復興へ向けて

2018.09.24 Monday

0

    震災から3週間が経過しようとしております。

     

    電力も安定供給できる状況となり、すすきのをはじめとする街に明かりが灯り、オータムフェストで賑わう大通公園を見ると、いつも通りの生活が戻ってきた感じがあります。

     

    しかしながら、震源地の厚真町では多くの被災した方々が未だ避難所生活を余儀なくされ、仮設住宅の受付がようやく始まりました。

    また、札幌市里塚や北広島市の被害地域では復旧にまだまだ時間がかかるようで、本格的な冬を前に一刻も早い復旧をと思います。

     

    そして、観光にも影響が出ているようですね。

    高橋知事は、地震発生から2週間後に観光促進のメーセージを発信致しましたが、他の地域に比べ対応が遅いと感じます。

    熊本地震の際、熊本県知事は地震発生から数日後には行動を起こし、観光特別予算を早期に獲得し観光復興につなげたそうです。

    しかし、北海道や札幌市は観光促進をうたいながらも、行動を起こすまで数週間かかったことを考えると、もっと早い行動ができなかったのかと感じます。

    北海道は、第一次産業と観光が重要なウェイトを占めるため、北海道へは早い行動と対応、そして巻き返しに期待したいと思います。

     

    そんな私も、少しでも早い復興のため、また被災した方々が普段通りの生活に戻れるようわずかではありますが、力になるための行動を行っていきたいと思います。

    関連する記事